オリゴ糖で便秘を改善する

漬物便秘の改善にオリゴ糖がよいといわれる理由は、オリゴ糖が腸の中で生きている善玉菌の餌になることです。それによって、善玉菌の数を増やす効果を期待することができます。腸の中には3種類の菌が存在していて、善玉菌、悪玉菌、日和見菌と呼ばれる菌が存在しています。善玉菌は身体の健康維持の効果があり、悪玉菌は病気の引き金になる効果があります。日和見菌は健康時の時はおとなしくしていますが、からだが弱った時に腸内で悪い働きをする菌です。

善玉菌が餌として好む物質がオリゴ糖で糖類のほとんどは胃や小腸などで消化や分解をされて大腸まで届くことはありませんがオリゴ糖は消化されにくい性質を持っています。大腸まで到達した後は善玉菌の餌となるので腸内環境の改善に繋がります。腸内環境が整うことによって便秘の改善につながります

オリゴ糖の効率的な摂取の仕方は善玉菌を含む食品を一緒に食べることです。オリゴ糖は乳酸菌やビフィズス菌等の餌となり、腸の働きを正常にする効果を発揮しやすいのでビフィズス菌や乳酸菌を含むヨーグルトや漬物や納豆等の発酵食品と一緒に摂取すれば便秘の改善に繋がります。

またデメリットとして一度に多く摂取してしまうとお腹を下してしまう可能性があります。いくら身体にいいものといっても過剰摂取は危険なのでやめましょう。


関連記事

Pocket

Published by admin