オリゴ糖で便秘を改善

便秘でなかなかお通じがよくならない。便秘の日が続いてストレスがたまるといった人は多いと思います。そこでオススメなのがオリゴ糖で便秘を改善することです。

オリゴ糖の役割について説明します。オリゴ糖の役割は腸の中で善玉菌を増やすことです。腸の中に存在できる菌の数は限られているため善玉菌が増えると結果的に腸内環境の改善が期待されます。

腸腸内環境が改善されると、今までお通じの邪魔をしていた悪玉菌が少なくなるので下痢や便秘など、お腹の体調が悪くなりにくくなります。オリゴ糖は一時的に摂取すればすぐによくなるものではなくて、毎日欠かさずにオリゴ糖を取り続ける習慣を作ることが大切になります

オリゴ糖がいいなら他の糖でも腸内環境を整えるためによいのではないかと思うかもしれません。しかし、他の糖分では腸に届く前に胃で吸収されてしまいます。オリゴ糖には胃で吸収されない性質を持っているのでそのまま腸まで届き善玉菌の餌になるのです。

オリゴ糖を効率的に食べようとすると、オリゴ糖だけでは効果が薄く、善玉菌を含む食品と一緒に食べることによって効果が高まります。善玉菌を含んでいる食品はビフィズス菌や乳酸菌を含んでいる食品のほかにヨーグルト、納豆等の発酵食品と一緒に摂取することが便秘の改善に繋がります。これらの食品は最寄りのスーパーやコンビニ等で簡単に手に入れることが出来るのでオリゴ糖さえ用意できれば腸内環境改善に向けて食事をすることができますね。


関連記事

Pocket

Published by admin