オリゴ糖の重要性

オリゴ糖の役割について説明します。オリゴ糖とは特定保健用食品として認められています。特定保健用食品とは体の調子を整えるなど特定の保険への効果が期待できる旨を表示した厚生労働省認可の食品のことを指します。生理機能に影響を与える働きのある成分を含んでいて、その有効性や安全性、品質などが科学的な根拠に基づいた上で審査されています。「おなかの調子を整える食品」「コレステロールが高めの人のための食品」といった健康強調表示が認められている食品のことを特定保健用食品と呼ぶことができます。

便秘オリゴ糖の役割は腸の中で善玉菌を増やします。その分悪玉菌が減り結果的に腸内環境が改善されます。腸内環境が改善されることによって便秘やおなら等が改善されます。善玉菌が増えると悪玉菌が減る理由は腸内細菌が住める場所が限られているからです。善玉菌が増えた分悪玉菌が押し出される感じです。オリゴ糖はビフィズス菌など善玉菌の栄養源になります。オリゴ糖を摂取しても体内でほとんど消化や吸収はされないので、そのオリゴ糖を食べるのは善玉菌のビフィズス菌になります。善玉菌が増えると腸内環境が良くなる関係で下痢や便秘など、お腹の体調が悪くなりにくくなります。

オリゴ糖は短期間摂取しただけでは善玉菌が勝利して腸内環境が良くなるような甘いものではありません。毎日欠かさずにオリゴ糖を取り続けるシステムを作ることが大切になります。


関連記事

Pocket

Published by admin