オリゴ糖で便秘を改善する

漬物便秘の改善にオリゴ糖がよいといわれる理由は、オリゴ糖が腸の中で生きている善玉菌の餌になることです。それによって、善玉菌の数を増やす効果を期待することができます。腸の中には3種類の菌が存在していて、善玉菌、悪玉菌、日和見菌と呼ばれる菌が存在しています。善玉菌は身体の健康維持の効果があり、悪玉菌は病気の引き金になる効果があります。日和見菌は健康時の時はおとなしくしていますが、からだが弱った時に腸内で悪い働きをする菌です。

善玉菌が餌として好む物質がオリゴ糖で糖類のほとんどは胃や小腸などで消化や分解をされて大腸まで届くことはありませんがオリゴ糖は消化されにくい性質を持っています。大腸まで到達した後は善玉菌の餌となるので腸内環境の改善に繋がります。腸内環境が整うことによって便秘の改善につながります

オリゴ糖の効率的な摂取の仕方は善玉菌を含む食品を一緒に食べることです。オリゴ糖は乳酸菌やビフィズス菌等の餌となり、腸の働きを正常にする効果を発揮しやすいのでビフィズス菌や乳酸菌を含むヨーグルトや漬物や納豆等の発酵食品と一緒に摂取すれば便秘の改善に繋がります。

またデメリットとして一度に多く摂取してしまうとお腹を下してしまう可能性があります。いくら身体にいいものといっても過剰摂取は危険なのでやめましょう。


関連記事

オリゴ糖の重要性

オリゴ糖の役割について説明します。オリゴ糖とは特定保健用食品として認められています。特定保健用食品とは体の調子を整えるなど特定の保険への効果が期待できる旨を表示した厚生労働省認可の食品のことを指します。生理機能に影響を与える働きのある成分を含んでいて、その有効性や安全性、品質などが科学的な根拠に基づいた上で審査されています。「おなかの調子を整える食品」「コレステロールが高めの人のための食品」といった健康強調表示が認められている食品のことを特定保健用食品と呼ぶことができます。

便秘オリゴ糖の役割は腸の中で善玉菌を増やします。その分悪玉菌が減り結果的に腸内環境が改善されます。腸内環境が改善されることによって便秘やおなら等が改善されます。善玉菌が増えると悪玉菌が減る理由は腸内細菌が住める場所が限られているからです。善玉菌が増えた分悪玉菌が押し出される感じです。オリゴ糖はビフィズス菌など善玉菌の栄養源になります。オリゴ糖を摂取しても体内でほとんど消化や吸収はされないので、そのオリゴ糖を食べるのは善玉菌のビフィズス菌になります。善玉菌が増えると腸内環境が良くなる関係で下痢や便秘など、お腹の体調が悪くなりにくくなります。

オリゴ糖は短期間摂取しただけでは善玉菌が勝利して腸内環境が良くなるような甘いものではありません。毎日欠かさずにオリゴ糖を取り続けるシステムを作ることが大切になります。


関連記事

オリゴ糖で便秘を改善

便秘でなかなかお通じがよくならない。便秘の日が続いてストレスがたまるといった人は多いと思います。そこでオススメなのがオリゴ糖で便秘を改善することです。

オリゴ糖の役割について説明します。オリゴ糖の役割は腸の中で善玉菌を増やすことです。腸の中に存在できる菌の数は限られているため善玉菌が増えると結果的に腸内環境の改善が期待されます。

腸腸内環境が改善されると、今までお通じの邪魔をしていた悪玉菌が少なくなるので下痢や便秘など、お腹の体調が悪くなりにくくなります。オリゴ糖は一時的に摂取すればすぐによくなるものではなくて、毎日欠かさずにオリゴ糖を取り続ける習慣を作ることが大切になります

オリゴ糖がいいなら他の糖でも腸内環境を整えるためによいのではないかと思うかもしれません。しかし、他の糖分では腸に届く前に胃で吸収されてしまいます。オリゴ糖には胃で吸収されない性質を持っているのでそのまま腸まで届き善玉菌の餌になるのです。

オリゴ糖を効率的に食べようとすると、オリゴ糖だけでは効果が薄く、善玉菌を含む食品と一緒に食べることによって効果が高まります。善玉菌を含んでいる食品はビフィズス菌や乳酸菌を含んでいる食品のほかにヨーグルト、納豆等の発酵食品と一緒に摂取することが便秘の改善に繋がります。これらの食品は最寄りのスーパーやコンビニ等で簡単に手に入れることが出来るのでオリゴ糖さえ用意できれば腸内環境改善に向けて食事をすることができますね。


関連記事